ロッシーニ切手コレクション

ロッシーニ・ファンが集めたロッシーニ関連グッズのコーナーの続きとして、会員で音楽切手蒐集家 T.Hirabayashiさんのロッシーニ切手コレクションを紹介します。   

所有者:T. Hirabayashi  現在まで世界で発行されたロッシーニの切手です。 

 

◆1942年、イタリアから生誕150年記念として発行されたもの4種。肖像とお馴染みの像。世界で初めて

 のロッシーニの切手。強調するため4枚綴りとした。

 

 

◆1968年、イタリア、没後100年記念、強調するため4枚綴りとした。             (左)

◆1971年、ラスアルハイマ(現アラブ首長国連邦の一首長国:UAE)、作曲家5種の中の1種   (中央)

◆1973年、フィンランド、フィンランドオペラ100年記念、《セビーリャの理髪師》        (右)

 

 

◆1981年、パラグアイ、作曲家とバレエ画4種の中の1種     (左)

◆1986年、ギニア、国際青年年記念シート4種の中の1種      (中央)

◆1992年、ブルガリア、生誕200年記念、ロッシーニとフィガロ   (右)

 

 

◆1992年、サンマリノ、生誕200年2種、ROF1989年公演《ビアンカとファッリエーロ》の舞台と、ミラノ・スカ

 ラ座1982-83シーズンの《セビーリアの理髪師》の舞台。

◆1993年、ポルトガル、サン・カルロス国立劇場200年記念4種の中の1種。デフォルメしたロッシーニ。

◆1999年、サンマリノ、オペラ400年記念シート(切手16種)の一部、《セビーリアの理髪師》。

 

おまけ

T. Hirabayashi さんが郵政公社に依頼して作成したプライベート切手(フレーム)こちらご覧ください(PDF)。改装後のペーザロのロッシーニ劇場です。