研究・論文・論考(1)

 

日本ロッシーニ協会紀要『ロッシニアーナ』他に掲載した論文、論考、随筆等の改訂版です(PDF)。ベルカントの歴史様式、演奏解釈、オペラ歌手史、歌手と歌唱に関する論考は「研究・論文・論考(2)」、日本のロッシーニ受容とその歴史に関する研究は「日本の受容と上演史」に分離しました。著作権は著者・水谷彰良に帰属し、無断転載を禁じます。事前に当サイトのお問合せフォームからご連絡ください。

 

 新規掲載のPDF原稿(2017年10月より)

   2017年10月28日 ──「ベッリーニとロッシーニ(小さな物語)」 

 

 

ロッシーニとその時代、オペラ、作品論など

ロッシーニのポラッカとパーエルのアリア

 ──《タンクレーディ》フィナーレとパーエルのアリア〈ただ15分だけ〉

 

歌曲・室内声楽曲の研究

ロッシーニの歌曲〈黙って嘆こう(Mi lagnerò tacendo)〉

 ──  同一テキストへの作曲動機とその方法に関する試論

ロッシーニ歌曲の自筆楽譜とその異稿

 ──《残酷な美女》《別離》の自筆楽譜と異稿の変遷

 

オペラの差し替えアリア(楽譜複製付き)

《セビーリャの理髪師》レッスンの場の差し替えアリア(1)

 ── 1860年までの差し替え例と、楽譜複製(1)ゾンタークが挿入した《ロードの変奏付きアリア》

《セビーリャの理髪師》レッスンの場の差し替えアリア(2)

 ── カラドーリ夫人が挿入した《バグダッドの女奴隷》のアリア

《セビーリャの理髪師》レッスンの場の差し替えアリア(3)

 ── パーエル《ゴンドレッタのブロンド娘による変奏曲》

《セビーリャの理髪師》レッスンの場の差し替えアリア(4)

 ── フンメル《ティロル風アリア、変奏付き》のアルボーニ・ヴァージョン

 

ロッシーニと同時代の芸術家

 

ページTOPへ